おおおおお

朝の口臭を減らす方法!

朝起きて自分の口臭の匂いが気になる方もいらっしゃると思います。そんな寝起きの口臭がキツくなってします原因があるのです。
今日の豆知識はそんなお悩みの方へ、少しでも口臭が軽減される方法をご紹介します!!

口臭な主な原因

①生理的な口臭
多少の個人差はありますが、ほとんどの人に発生する口臭です。寝起きの時や空腹時、緊張した時などは特に強く出てしまいます。この状態の時は、口が乾燥し唾液の量が減ることが原因で細菌が繁殖して、口臭がキツくなってしまいます。

②食べ物による原因
ニンニクやネギ、アルコールなど匂いがきつい食べ物・飲み物を摂取することが原因で発生する口臭です。しかし、これは一時的なものなので時間と共になくなります。

③病が原因でなる口臭
むし歯や歯周病、歯石・歯垢、入れ歯の清掃不足、舌の汚れなどお口の環境が原因でなる口臭です。

④ストレスによる口臭
100%関係性があるとは言えませんが、ストレスを感じることにより唾液の分泌量が減ることで口腔内の口臭原因物質が増えることで口臭がキツくなると言われています。

朝の口臭がきついわけ

唾液は口腔内の細菌を洗い流す働きがあり、それが臭いの元を取り除いてくれます。しかし寝ている時は唾液の量が少なくなり、乾燥することで細菌が増殖し寝起きの匂いがキツくなってしまいます。

寝起きの口臭対策

・就寝前と起床時の歯磨きを徹底!
就寝前の歯磨きを怠り食べかすや歯垢が残ってしまうと、腐敗臭が発生します。できるだけ歯間ブラシなども使い、磨き残しがないようにしましょう。また朝は口腔内にたくさんの細菌が発生していますので、歯磨きや洗口液を使用し、細菌を洗い流しましょう!

・舌についている舌苔を取り除く!
舌苔とは、舌の表面についている白い膜上の最近の塊です。これは臭いの元になるので1日1回、舌ぶらしなどを使い取り除くことが大切です。

・就寝前に水分を摂る!
寝ている時にできるだけ乾燥することを避けるため、コップ1杯程度の水を飲むように心がけましょう。